コミュニティビジネスとは

コミュニティビジネスは、地域(コミュニティ)を元気にする事業(ビジネス)です。
毎日に暮らしの中には、不自由を感じること(生活課題)や、もっと活発(活性化)になってほしいことなど、地域の様々な課題やニーズがあります。

一方、地域で暮らしている人々には生活の中で培ってきた経験や、仕事で得た知識・特技・技術があり、また、気候風土・歴史・文化、農産物など、地域には当たり前のようにあって「気づいていない資源」も沢山あります。
それらを人々のアイデアでつなぎ、地域の課題やニーズを解決していくのが、コミュニティビジネスです。

コミュニティビジネスのポイント

ポイントは「事業性」(ビジネス)と「社会性(地域性)」(コミュニティ)のバランスです。

事業が自立し継続するために必要な収益を上げることはもちろんですが、「地域資源の活用」「地域課題やニーズの解決」「地域経済の活性化」など、地域への貢献性が高い事業であることが必要です。

地域性

  • 地域に暮らす人たちの経験・技術・アイデアが活かされている(=地域社会への貢献)
  • 地域の資源や特性が活用されている(=地域資源の活用)

公共性

  • 地域に暮らす多くの人に喜ばれる事業である(=生活課題の解決)
  • 地域に暮らす多くの人が参加できる事業である(=コミュニティの活性化)

経済性

  • 地域経済が活性化される(=地域の活性化)
  • 地域に働く場ができる(=地域雇用の創出)

活動分野

コメントは受け付けていません。