コミュニティビジネス活動紹介

大沢みんみんの館(いえ)

このまちで、いつまでも、元気で、楽しく、暮らしたい。

基本情報

minmin200
団体名アダージョ
代表者高橋 由香子
施設名大沢みんみんの館(いえ)
所在地〒252-0134
相模原市緑区下九沢
電話090-7235-6021(高橋)
URL
活動分野<まちづくり>コミュニティスペース
主な活動地域緑区大沢

活動目的

 地域住民(主に高齢者や独居の方々)が楽しく交流し、支え合い、いつまでもこのまちで安心して暮らせるよう、歌の集い(体操を含む)、交流会などサロン事業を企画・運営する。また、生涯学習の場として、各種教室の実施とコーディネート、担い手の育成などを実施する。

活動内容

◆ サロン事業
 ・「もっと歌いま専科」
 ・「わいわいランチタイム」
 ・「わいわいモーニング」
◆ 学習事業
 ・「なんちゃって陶芸教室」
 ・「手ぶらでランチタイム」(料理教室)
 ・「男の蕎麦打ち教室」
 ・「初心者絵手紙教室」など

背景

 「お互いのプライバシーを大切にしながらも、ご近所さんが楽しく気軽にお付き合いし、いつまでも安心に暮らせる街にしたい」との思いを代表の高橋さんはずっと抱いていました。その活動を大沢の地域で、どのようにカタチにしたら良いかと模索しながら、多くの講座や、他地域のコミュニティ拠点で学んだり、地域の様々な活動にも参加し、実現に向けて準備を進めていました。
 そんな頃、相模原市は政令指定都市へと移行し、区制度が導入され、「地域活性化事業交付金」制度ができました。
 高橋さんの地域活動への情熱を間近で見ていた地域の人たちから、「その交付金を活かして、地域のみんなが喜ぶ活動に結びつけてはどうか」との話がありました。また、「うちの空いている部屋を使って、多くの人が気軽に立ち寄れて、くつろげる場所をつくってはどうか」との申し出もあり、その活動に賛同した地域の男女5人の仲間と共に企画・運営団体「アダージョ」を結成しました。
 アダージョは、地域の人たちの思いをいっぱい詰め込んで、地域コミュニティ拠点「大沢みんみんの館(いえ)」を平成22年10月24日にスタートさせました。

 「大沢みんみんの館」では、様々なサロンが開催されています。参加者たちは、「地域の中に顔見知りが増え、あいさつを交わすことが多くなったし、『みんみんの館』に来るのがとても楽しい」と話していました。また、スタッフのひとりも、「みんみんの館に携わることが、とっても楽しいです。」と話してくれた。その楽しそうな表情が、来られる方々をよりあたたかく迎え、笑顔の輪が広がり、大沢地区のあちこちにコミュニティ拠点ができることを望んでいるとも、話していました。

 今後は、子育て中の主婦や、定年後のご夫婦等、幅広い世代に参加していただき、参加者の得意な分野の教室など、人と人との繋がりを大切に活動の幅を広げたり、「歌いま専科」の出前を実施し、大沢地区全体を元気にしていきたいと代表の高橋さんは、話していました。

写真ライブラリ

エントランス
エントランス
オープニングセレモニー
オープニングセレモニー
男の蕎麦打ち
男の蕎麦打ち
男の蕎麦打ち
男の蕎麦打ち
初心者の絵手紙教室
初心者の絵手紙教室
「手ぶらでランチタイム」 みんなで作った恵方巻風のり巻き
「手ぶらでランチタイム」 みんなで作った恵方巻風のり巻き

コメントは受け付けていません。