コミュニティビジネス活動紹介

コミュニティギャラリー はこの和

多くの“はじめたい”“かかわりたい”を応援(かたちに)します

基本情報

hakonowa200
団体名コミュニティギャラリー はこの和
代表者鈴木 理子
施設名コミュニティギャラリー はこの和
所在地〒252-0311
南区東林間5-18-10
電話042-745-3703
URLhttp://www.hakonowa.com/
活動分野<まちづくり> コミュニティスペース
主な活動地域南区東林間

活動目的

・何かを始めたい方の始めの一歩としてのスペース提供及び活動提案
・趣味や世代など、あらゆる仕切りのない地域コミュニティの構築

活動内容

・BOXギャラリーの運営(手作り品委託販売・法人様新商品委託展示販売)
・コミュニティサロン・小部屋サロンの運営
・講座・イベントの開催
・相模原市内中心とした地域物産販売

背景

平成24年2月、東林間の横浜水道みち(遊歩道)脇にオープンした「はこの和」は、地域コミュニティの必要性を感じた母娘が運営するコミュニティサロンです。

「はこの和」は、店舗半分がBOXギャラリーとして、地元の手作り作家さんの作品が並ぶスペースとなっています。手づくり作品は、プロとして活躍している方の作品から地元の主婦や男性の作品、また地元企業の新規商品や、相模原の特産品なども並んでいます。

一方、残りの半分、大きな窓に囲まれたコーナーは「コミュニティサロン」です。南区の地域課題として、フリーに利用できるスペースが欲しいと言う声があり、大きな窓に囲まれたスペースをコミュニティサロンとして、会合や講座、個展などに利用できる貸切りスペースとしています。
この貸切りシステムを利用して、「自宅でサロン」を開催していた人が事業を広げる第一歩としての講座や、お客さんのリクエストによるボックスショップの作家さんの講座など、新たなコラボレーションで生まれた講座が開催されています。
空いている時間は、フリーで利用することもでき、たまたま居合わせた人たちの世代を超えた「お茶のみ仲間」や、月1回開催される「異業種交流会」など、新しい交流も広がっています。

「はこの和」は、“子育てサロン”でも“シニアサロン”でも“趣味のグループ”でもない、カテゴリー分けをしないコミュニティ、箱を通じた新たなコミュニティ、新たな第一歩のきっかけになることを、「はこの和」は目指しています。

写真ライブラリ

hakonowa(1)
hakonowa(2)
hakonowa(3)
hakonowa(4)
hakonowa(5)
hakonowa(6)

コメントは受け付けていません。