セミナー・フォーラム

さがみはら地域プロデューサー養成講座::

seminar2017y

 

 

 

市民一人ひとりが活躍し、地域を活性化するには、相模原への愛着や誇りを持って「人と人が出会う場」や「人と物を組み合わせる仕組み」をつくる人が必要です。
その担い手となる地域プロデューサーを目指す講座です。

本講座のコーディネーターには、ふる里岩手県のアンテナショップ“Natural Essay” を横浜元町で運営する久保 均 さんをお迎えします。地域の活性化に向けた数々の取り組みから、より具体的でわかりやすく地域プロデューサーの果す役割や手法について学んでいきます。

また、ゲスト講師には昨年の受講者で「相模原放送局」を設立した新井 雅由妙さんを迎え、地域への思いや設立までのステップなどを伺うほか、入門講座でご紹介した相武台の「ひばりカフェ」の現場見学会も実施します。

 

定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。

​日程とカリキュラム:

line_r
第1回 地域プロデューサーの役割を学ぶ 平成29年10月7日(土)9:30~12:00
<基  礎> コミュニティビジネスの考え方と手法をな学ぶ
00                  地域プロデューサーの役割を学ぶ
<自己紹介> 参加者の自己紹介と地域への思い
line_o
第2回目 地域資源を活用する 平成29年10月21日(土)9:30~12:00
<市場調査> 相模原を学ぶ
00「相模原市のあゆみと未来を学ぶ」
00000ゲスト講師:相模原市産業政策課 廣田 慎子さん
<市場調査> 相模原を知る(地域の課題と資源を知る)
line_k
 第3回 活動現場から学ぶ(見学会) 平成29年10月28日(土)10:00~11:30
 <現場見学>  コミュニティ・カフェの見学
000見学先 :相武台ひばりカフェ(南区相武台団地2-3-5)
line_g
第4回 地域をデザインする 平成29年11月4(土)9:30~12:00
<事例紹介> 先輩事例の紹介
00「開局!相模原放送局」
00000ゲスト講師:相模原放送局 新井 雅由妙 さん
<事業組立> チラシを通してデザインをまとめる
line_a
第5回 事業を組み立てる 平成29年11月18日(土)9:30~12:00
<事業計画> 継続するためのプランをつくる
<連  携> 人と地域を巻込むプレゼンテーションを学ぶ
line_b
第6回 アイデアを具体化する 平成29年12月2日(土)9:30~12:00
<事業計画> ミニプレゼン と ブラッシュアップ
line_c
コーディネーターの紹介 : 久保 均 さん
久保均さん120×180  

00横浜元町で岩手県一戸町を中心とした岩手県のアンテナショップを展開する “Natural Essay”の久保さんをコーディネーター /  講師としてお迎えます。

00岩手県一戸町と横浜元町をアンテナショップでつなぎ、一戸町の人々に意欲と経済の活性化を生み、元町の人々には、岩手県の特産品や旬の食材、魅力を伝えています。

会 場 : 相模原市立産業会館 中研修室(中央区中央3-12-1)

見学会 : 相武台 ひばりカフェ(南区相武台団地2-3-5)

参加費 : 無料(見学会場までの交通費や飲食代等、参加者負担あり)

定 員 : 20名(申込み順)

対 象 : まちづくりや地域プロデューサー、コミュニティビジネスに関心のある方

申込み : 定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。

0000000000000チラシ〔表〕5.53MB        チラシ〔裏〕1.9MB

問合せ : 公益財団法人相模原市産業振興財団
0000000TEL:042-759-5600

主 催 : 相模原市、公益財団法人相模原市産業振興財団

 


 

 

さがみはら地域プロデューサー養成講座≪入門編≫::

seminar2017n

 

 

 

00地域やコミュニティの活性化に取組む先進事例と、地域プロデューサーの役割を紹介する「地域プロデューサー養成講座」の≪入門編≫です。

00地域で何かやってみたいと思っている方や、地域プロデューサーに関心のある方など、どなたでもお気軽にご参加いただけます。

定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。

 

日 時 : 平成29年9月16日(土) 13:30~15:30 ( 13:00~ 受付 )

会 場 : 相模原市立産業会館 中研修室(4F) 〔 アクセス 〕

内 容 と 講 師 の 紹 介

講 演 : 「地域への思いをカタチにする」
00講師:相武台団地「ひばりカフェ」 オーナー:佐竹 輝子さん

00昭和40年代に開発された相武台団地は、東京ドーム約7個分(約31㌶)の敷地に、4~5階建ての集合住宅が計93棟、2,532戸の住宅が有ります。

00平成28年1月の相模原市の統計では、60歳以上の人口の割合が53%となり、相模原市の平均の30%を大きく上回っている地域でもあります。

00商店街のほとんどがお店はシャッターを降ろし、今年の3月には銀行の撤退もありました。

00そんな商店街に2015年12月にオープンした「ひばりカフェ」のオーナー 佐竹 輝子さんのカフェに込められた地域への思いを伺います。

ひばりカフェ佐竹輝子さん120×158
0相武台「ひばりカフェ」
hibari1 hibari2hibari3

 

講 座 : 「地域プロデューサーが活躍するまちづくり」
0講 師 : 岩手県アンテナショップ“Natural Essay” 久保 均 さん

00横浜元町商店街にある岩手県一戸町のアンテナショップ“Natural Essay”は、工芸品や特産品、加工品はもちろん、定期的に農産物の入荷もあり、横浜の人たちに喜ばれています。

00久保さんは、“Natural Essay”の運営の他に、コミュニティビジネスのコーディネーターや講座講師、ビジネスオーディションの審査員など、幅広く活躍されています。

久保均さん120×180

参加費 : 無料

対象者 : まちづくりや地域プロデューサー、コミュニティビジネスに関心のある方

定 員 : 40名(申込順)

申込み・問合せ先 : 公益財団法人相模原市産業振興財団

申込み方法 : 定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。

 

00000000000000000チラシ:おもて(5.53MB)   チラシ:うら(1.90MB)

 

 


 

さがみはらコミュニティビジネスフォーラム2017

title

■■

日々の生活の中で、不便や不安に思うことがあった時、地域コミュニティで支え合ったり、地域資源を活かして解決できたらいいのに・・・というアイデアを思い描く方も多いでしょう。

そんな思いを叶えるには、地域にある様々なモノ(資源)や、人々のスキル(得意なことや好きなこと)などを活かして、みんなが楽しみながら参加できる(関われる)仕組みが必要です。

その仕組みづくりには、相模原への愛着と誇りを持って、地域をプロデュースする人の存在が不可欠となってきます。

本フォーラムでは、コミュニティや経済の活性化に取組む地域プロデューサーの役割を先進事例から学びます。

■■

詳細はこちら>

さがみはら 地域養成講座


mark

yousei

 

 

市民一人ひとりが活躍し、地域全体を元気にするには、
相模原市への愛着や誇りを持って「人と人が出会う場」や
「人と物を組合わせり仕組み」を演出する人が必要です。
その担いてとなって、地域の人々の笑顔をつくりたい、
地域を活性化したい人たちの講座です。

相模原が大好きな人、地域やそこに暮らす人を元気にした
い人、そんなあなたが地域プロデューサーとなって、地域や
人々を元気にする仕組みづくりを学ぶ6回連続の講座です。

詳細はこちら>

さがみはら 地域入門講座

mark

nyumon_s

 

 

入門講座では、プロデューサーがどのような役割をするのか、地場産グルメ「藤沢炒麺(チャーメン)」の事例と共にわかりやすく学びます。
地域プロデューサーに関心を持った方ならどなたでもお気軽にご参加いただける入門編です。

“藤沢炒麺”は、地域を元気に活性化したいというNPO法人地域魅力が、地域で栽培された小麦や野菜を使った地元グルメを開発しました。
NPO法人地域魅力の田中理事長を迎え、地域プロデューサーの役割や、地域への効果などを伺います。

詳細はこちら>

さがみはらフィルムコミッション×コミュニティビジネス フォーラム2016

「ひと」と「まち」を活かすフィルムコミッションとコミュニティビジネス。
この2つの事業が10年を迎えました。
次のステージへと向かっていくために、さがみはらの魅力向上とまちの活性化を考える記念フォーラムです。

詳細はこちら>

あなたが活きる、地域が活きる、ビジネスをつくる00 STEP2

さがみはらコミュニティビジネス起業セミナー2015

あなたが活きる、地域が活きる、ビジネスをつくる。

周りにいる人たちの得意なこと、好きなことを活かす。
地域にある資源を活かす。
みんなが喜ぶビジネスをつくる。
地域を元気にするビジネスをつくる。

3回連続で開催する本セミナーでは、地域でやってみたかったビジネスアイデアを実現するためのノウハウを学びます。

詳細はこちら>

あなたが活きる、地域が活きる、ビジネスをつくる00 STEP1

さがみはらコミュニティビジネス基礎講座(終了しました)

あなたが活きる、地域が活きる、ビジネスをつくる Step1

周りにいる人たちの得意なこと、好きなことを活かす。
地域にあるさまざまな資源を活かす。
みんなが喜ぶビジネスをつくる。
地域を元気にするビジネスをつくる。

本講座では、全国や相模原市内の事例と共に、コミュニティビジネスの考え方や地域への様々な効果などをご紹介します。

 

基調講演では、

地域資源を活かた新たな地域産業で、地域の活性化に取組んできた(株)びいと六十の斉藤代表を講師にお迎えし、
全国の事例を交えて、わかりやすくコミュニティビジネスを紹介します。

 

相模原市内のコミュニティビジネスでは、

詳細はこちら>

お客さまの声で、夢をビジネスに!!

コミュニティビジネスフォーラム2015 〔終了しました〕

000 地域の課題やニーズを解決する事業には、ネットワークや仕組みづくりはとても大切なことです。それと共に運営に必要な資金を生み出すことも重要なことです。様々なアイデアや意見を取り入れ、多くの人の喜びや生きがいにつながることで継続可能な事業へと成長していきます。
本フォーラムでは、安心して暮らせるまち、楽しく暮らせるまち、活気があるまち、地域に根差した事業となるための工夫について考えます。
000

 

詳細はこちら>

人が集まる場を、つくる、活かす、続ける

さがみはらコミュニティビジネス起業講座2014000≪≪3回連続≫ 〔終了しました〕

詳細はこちら>

1 / 3123